小教区教会と事業――日本と韓国の聖パウロ修道会最初の宣教師たち(24)

 東京の王子区における最初の新しい伝道所は、省線の駅付近の地名から一般に「下十条教会」と呼ばれていた。教会の創立は、「日本カトリック新聞」(現・カトリック新聞)に掲載された。この知らせはたちまち広まり、最初の日曜日から大勢の人(カトリック信者も信者でない人も、ただ好奇心だけの人たちも)が教会に押しかけた。一九三六年のことであった。当然のことながら、私たちが大森から下十条に移ってすぐに心がけたことは、カトリック信徒の家庭を一軒残らず訪問することだった。それには大森で購入して、毎週木曜日の散策に使っていた自転車が役にたった。

 私たちのたゆまぬ活動は、すぐに目に見える結果となって現れた。教会に詰めかけるあらゆる世代の男女は、日曜ごとにますます増えていった。最初の月の終わりごろには、聖堂は満杯になり、主日は二回ミサをささげなければならなくなっていた。

 みなさんは善良さ、礼儀正しさ、親切心、愛の精神において実に優れていた。彼らは私たち司祭(パウロ神父が主任司祭で、ロレンツォ神父は助任司祭であった)を助けるため、私たちが望むすべてのことに喜んで協力してくれた。彼らと話していて、私たちは彼らがカトリック信徒であること、そして信仰を具体的に実践することに大きな喜びを感じているのをすぐ理解した。信徒たちは毎日曜日、心を集中し、深い信仰心のうちに聖体を拝領できるよう、ミサの前に「ゆるしの秘跡」を受けていた。


  • ロレンツォ・バッティスタ・ベルテロ著『日本と韓国の聖パウロ修道会最初の宣教師たち』(2020年)より