出会いという種 復活節第2主日(ヨハネ20・19〜31)

 私たちは、いろいろな【出会い】があり、それによって人生が大きく変わったり、たくさんの人との繋がりの輪が増えたりします。もちろん、人との出会いもありますが、楽器であったり、一冊の本であったり、何かの出来事であったりするかもしれません。私の場合は、ある神父様との出会いがあって、修道生活への召命を得ることができました。

 きょうのみことばは、復活されたイエス様が弟子たちに現れる場面です。みことばは、「その日、すなわち、週の初めの日の夕方のことであった。」という言葉で始まっています。【その日】とは、ペトロとヨハネが空の墓に行った日であり、マグダラのマリアがイエス様と出会った日です。【その日】の夕方ですから弟子たちの会話は、復活されたイエス様ことについてなされたことでしょう。弟子たちの中には、イエス様の復活を信じた人や、ペトロやヨハネ、マグダラのマリアに対して、「そんなはずがない」と嘘を言っているのではないかと、疑った人もいたのかも知れません。

 また、イエス様が復活して墓からいなくなっていたのなら、イエス様を十字架にかけたユダヤ人たちが自分たちを捕らえにくるかも知れない、という不安を抱く人もいたことでしょう。みことばは、「弟子たちはユダヤ人たちを恐れ、自分たちがいた場所の戸にはことごとく鍵をかけていた。」とあります。彼らは、まだイエス様の復活を理解することができなかったのです。そのような彼らの所にイエス様が現れ、真ん中に立って「あなた方に平和があるように」と言われます。弟子たちは、イエス様を見て喜びます。彼らの喜びは、あの十字架に架けられて亡くなられたはずのイエス様が、本当に復活されたのだ、という再会の喜びもあるでしょう。

 さらにこの【喜び】は、イエス様がユダヤ人たちに捕らえられたときに逃げてしまった自分たちの所に来てくださり、「あなた方に平和があるように」と言われた【喜び】もあるのではないでしょうか。きょうの「復活節第2主日」は、「神のいつくしみの主日」と言われます。それは、イエス様がご自分を置いて逃げた弟子たちを赦されたことを記念するという意味もあるのではないでしょか。イエス様は、弟子たちに「私のもとから逃げたことなど、気にしなくてもいい、負い目を感じることはないよ。ユダヤ人たちが怖かったのだよね。」という気持ちで、心から弟子たちに愛を持って「あなた方に【平和】があるように」と言われたのではないでしょうか。ですから、弟子たちは、復活されたイエス様を見て心の底から喜ぶことができたのでしょう。

 さて弟子のひとりのトマスは、他の弟子たちがイエス様と出会った時にいませんでした。トマスは、イエス様がラザロの所に行こうと言われた時に「ラビ、ユダヤ人たちは、つい先ごろあなたに石を投げつけて殺そうとしました。それでも、そこへ行こうとなさるのですか」と言って弟子たちがイエス様を止めた時に、「わたしたちも行って、主とともに死のう」と言っています(ヨハネ11・1〜16)。ある意味、彼は他の弟子たち以上に、どこまでもイエス様について行こうと思っていたのです。しかし、そのようなことを言ったにも関わらず、イエス様がユダヤ人に捕らえられた時に他の弟子たちと一緒に逃げてしまいました。トマスの心は傷つき、他の弟子たちに合わせる顔がなかったのではないでしょうか。そんな彼に、何人かの弟子たちが「わたしたちは主を見た」と言ったのです。彼の心は、揺さぶられ「……決して信じない」と半ば意固地になって言ってしまいます。彼は、この言葉を言った時に自己嫌悪に陥ったことでしょう。

 それでも彼は、気持ちを入れ替えようやく他の弟子たちが集まっている家に出かけていきます。その日は、イエス様が復活された次の日曜日(主の日)でした。そこへイエス様は、前と同じように現れ弟子たちの真ん中にお立ちになられて、「あなた方に平和があるように」と言われます。そして、トマスに「……信じない者ではなく、信じる者になりなさい」と言われます。トマスは、この言葉を聞いて自分の意固地なっていた心、孤独で不安であった心が溶けていくのを感じたことでしょう。彼は、「私もようやく主に出会えた」と思ったのではないでしょうか。

 私たちは、弟子たちと同じようにたびたび罪を犯してイエス様を置いて離れてしまいます。私たちが罪を犯した心は、【戸に鍵】をかけてしまった状態と言ってもいいでしょう。イエス様は、そんな私たちの心の【真ん中】に立たれ「あなた方に平和があるように」と言ってくださいます。イエス様は、私たちがどんなに罪で汚れた心であっても、イエス様の方から歩み寄り【出会って】くださるのです。復活の喜びとは、イエス様が蘇られたというだけではなく、罪深い私たちの所に来てくださり、赦してくださることと言ってもいいでしょう。私たちは、イエス様と【出会た】喜びを周りの人たちに分かち合うことができたらいいですね。

聖パウロ修道会サンパウロ

カトリック聖パウロ修道会サンパウロの公式サイト