「カトリック入門」 第20回 希望について【動画で学ぶ】

序)「希望」とは、神の愛とイエス・キリストの復活

 コロナ禍で絶望する人が多く、若い人が心配


• 旧約聖書

*アブラハムの時代に希望の歴史が始まる(創世記12・1~2)

 アブラハムに約束されたものは、土地と無数の子孫が与えられること。

*神への誠実がないところに希望はない(イザ26・8~13)

*イスラエルの未来は、希望に満ちている

(エレ30~33章、エゼ34~48章、イザ40~55章)

  ↓

種々の苦しみからの解放

  ↓

神への希望なしに生きることができない

*ヨブの希望(ヨブ13・15、19・25~27)

 見通しが消えうせる(ヨブ42・1~6)

希望はキリストにおいて純化される(救い主を待ち望む)


• 新約での希望

*神の国の到来(マタ4・17)

 永遠の命への希望(マタ18・8~9)

*主の来臨(マラナタ:一コリ16・18)ヤコ5・8、一テサ2・19

*パウロにとっての希望(一テサ1・3、一コリ13・13、ガラ5・5~6)

*パウロの希望(アブラハムを通して)

 希望のない時代にも希望する(ロマ4・18)

 パウロがいだいていた希望そのものは、感嘆すべきもので、模範的。希望にあふれた心は、彼の全生活に浸透していく。

*希望は、神の計画全体を包括するもので(ロマ8・18~22)、主の愛に「愛をもって」答える性格のものである。

*ヨハネの希望は、常に主の再臨(ヨハ14・3)、復活(ヨハ6・39~40)、裁き(5・28~29)に対する待望である。

*人は信仰によって未来を望む。=希望する。

*希望は、信仰、信頼、愛とつながっている。

聖パウロ修道会サンパウロ

カトリック聖パウロ修道会サンパウロの公式サイト