『主日の福音を生きる〔B年〕 日々の生活をみことばとともに』

 既刊本『主日の福音を生きる(C年)』に続く本書は、3年周期で読まれる主日の福音朗読に合わせて、今年の待降節第1主日から始まるB年に中心的に読まれるマルコ福音書に光をあてる。日曜日にミサの中で朗読される主のみことばを、その場で聞いて終わらせるのではなく、神が人に求められることを日常生活の中で絶えず思い起こし、自分自身の生き方をとおして証ししていくための方法を教えてくれる書である。


●著者略歴

レナト・フィリピーニ (Renato Filippini)

1970年 北イタリア・ゲーディ出身。

1990年 「聖ザベリオ宣教会」入会。 

1992年 アメリカ・シカゴにあるCatholic Theological Union(神学専攻)修了。

1997年 聖書学修士号取得。司祭叙階。同年に来日後、鹿児島教区・福岡教区・高松教区で司牧。

2017年2月 ローマの教皇庁立サレジオ大学で司牧神学を研修(信仰教育専攻)、修士号修得。

現在 カトリック玉名教会・荒尾教会(福岡教区)主任司祭。


著者:レナト・フィリピーニ、大分女子カルメル修道会

判型:B6判並製

ページ数:140ページ

価格:本体1,200円+税

ISBN:978-4-8056-3919-1

発行:サンパウロ

※2020年10月23日発売予定

聖パウロ修道会サンパウロ

カトリック聖パウロ修道会サンパウロの公式サイト