「平和の使徒 永井隆のことば」

 NHKの朝ドラ「エール」にも登場した永井隆は、結核の透視診断を続けて被ばくし、さらには原子爆弾ても被爆し、放射線を使用することの人道性と非人道性とを我がこととして深<体験した医師てオあった。 本書は、晩年の著作群に残された博士の魂のことばを、博士自身が描いた絵とともに収めたものである。これからの未来を担う小学校高学年以上の子どもたち、中・高生や大人の方々に広くおすすめしたい一冊てある。


著者略歴

永井隆

1908年 島根県松江市に誕生。

1932年 長崎医科大学(現長崎大学医学部)を卒業し、 放射線専門医となる。

1945年 原子爆弾により被爆し、 三ツ山で救助活動を行う。

1948年 如己堂に移り住む。

1949年 『長崎の鐘』出版。

1951年 帰天、 43歳。


絵・文:永井隆

編集:サンパウロ

判型:B6判並製

ページ数:84ページ

価格:本体750円+税

ISBN:978-4-8056-7809-1

発行:サンパウロ

※2020年12月11日(金)発売予定


聖パウロ修道会サンパウロ

カトリック聖パウロ修道会サンパウロの公式サイト